Koba Log

Read Article

現状報告【手荒れブログ】

現状報告【手荒れブログ】

最近触れていなかった手荒れのブログです。

まだまだ完治していませんが、今年の冬はひび割れが少しで過ごせました。

僕は美容師なので、シャンプーをはじめ、カラーやパーマ液、シャンプーや各種トリートメントなど素手で仕事をしてる事が多いのですが、これらのほぼ全てのものが水疱の原因になっています。

これは、変わっていません。

病院の先生の話では、酷い手荒れの時に使用していた薬剤や石けんなどは、すべてメモリーされてしまっていて金属アレルギーに近い反応が起こっているようです。

カットをする前に、シャンプー台で流してトリートメントをつけて濡らした髪をカットするだけで、素手でその髪を触るために、触れる指に水疱ができる始末です。

ただ、シャンプーとトリートメントに手荒れしないものが見つかったので、はじめに行うシャンプーやトリートメントはこれを使っています。

手袋ができるカラーやパーマは手袋をしていますが、手が敏感なときはゴムでかぶれやすくなるので、手袋の内側にするメッシュタイプのインナー手袋をすることでゴム手袋でかぶれることもなく全ての薬液から護られています。

しかし、お湯の温度や紙の質感など手袋+メッシュインナーで感じ取りにくくなっているので、一段と神経を集中して仕事をしています。

これにより、水疱ができにくく過ごせるように工夫するようにしています。

水疱はできると痒みが強く、かけば痒みが増しますし割れればひび割れの原因になります。

現在も皮膚科医に通っていて、弱めのステロイドとワセリンと亜鉛化軟膏をもらってきています。

水疱ができたらステロイドを寝る前に塗って手袋をして寝れば2日ほどで収まります。

水疱や乾燥を放っておくと、ひび割れてくるので気づいたときにワセリン+亜鉛化軟膏を塗って綿手袋をして寝ると次の日にはだいぶ良い状態になります。

ただ僕は、はじめの頃はすごく手荒れしていて、ぱっくりひび割れや手湿疹などの症状が出ているときはいくつも市販の薬を購入しましたが、回復する事はなく痒みが増すものもあった位なので、通院は必要だと思います。

あと、なるべく話を聞いてくれて妥当な原因を説いてくれる先生の方が良いですよね。

通院前の色々な努力は前の記事に書きましたが、効果はなく悪化しました。

酷いときは、ガードバリアがおすすめです。以下は僕の管理しているサイトですが、ほかのお店より安く販売しています。ぜひお試しください。試したい方はご来店時にご相談ください。サンプルもあります。

ガードバリアガードバリアはてなブックマーク数
私もこれで改善しました

短いサイクルで塗ると手の乾燥も防げます。

水を触らなくても良いのであれば、ワセリンと亜鉛化軟膏と、酷いところにステロイドを塗って綿の手袋をして過ごすことをおすすめします。

お湯と石けんは素手で触らない。
お湯を使うときも温度を絶対に上げない。
気持ちが良いと思う瞬間に水にして手は離した方が良いです。

現在、完治はしていませんが、気をつけることで酷くなる手前で過ごせています。
治ることはないようなので、うまくつきあっていくしかないようです

Return Top