Koba Log

Read Article

1,MacBookproのHDDをSSDに換装する時につまづいたので覚書

1,MacBookproのHDDをSSDに換装する時につまづいたので覚書

3月で1年を迎えたMacBookproのHDDをSSDへ換装しました。

換装方法など作業についてはググれば、必要な道具やコツなどなんでも分かるので、誰でも出来るくらい簡単でした。

しかし・・・SSDへ換装ごのインストールで、SSDにはOSが入っていないので以下から次の作業を選びます

            1. いままでのTimemachineから復元
            2. クリーンインストール

僕は(2)のクリーンインストールでシステムを再構築しようと思ったのですが、ここでトラブルが(×_×)

一連の作業は汁ノートさんの“Macbook ProをSSD+HDD仕様にしたら明らかに快適になった話”を参考に進めています

 

使用する物

  • 換装用のSSD
  • 小さい+ドライバー
  • 普通サイズのやや先細な+ドライバー
  • 5角と6角の星形ドライバー

   

はじめからセットのドライバーを購入しておけば安心ですね。それにしても昔のPowerBookは裏蓋も星形だったので、ねじがなめる心配がなくて良かったのに、最近は+の細いねじなんですね

もし、ネジを紛失したりなめってしまった場合は結構割高ですが購入することもできるようですよ。

ソフトアンテナブログさんの“ユニボディMacBookProのネジ入手方法”で純正部品の購入サイトを紹介しています。やっぱアルミ製の+ネジは恐いですよね。あの大きさじゃ落とした瞬間なくしちゃいそうですしね。

まずはHdd→SSDへ

冒頭にも書きましたが、作業自体は、外側の+ドライバーをなめらないように力加減と角度に気をつけて緩めていく以外には、難しいことはそう無いです。

だから下記のキーワードでググると【簡単】とか【誰でも出来る】的な表現が多く使われています

MacBookpro SSD 換装】とググると交換方法が沢山出てくるので、迷うこと無く作業を進めることが出来ます。

システムの構築

ググってヒットしたサイトは一通り目を通した方がいいと思います。確認にもなりますしね。

すると、どのサイトでも次のインストールについての記述が出てきます。

【SSDへ換装後、OSのインストールには2つの方法がある】

            1. いままでのTimemachineから復元
            2. クリーンインストール

システムが入っていないのでSSDを使える状態にするのですが、その方法も各サイトを参考に・・・

と思っていたら落とし穴が(×_×)

まず、どのサイトでも以下のどちらかの方法でリカバリーが出来る状態にします

      1. もともと入っていたHDDをUSBでつなげてリカバリーを行う方法
      2. 1GByte以上のUSBメモリーをリカバリー用に用意する方法

(1)の場合はHDDをUSBに変化してくれるケーブルを使用します。

僕はリンク先のケーブルをしようしています。この変換ケーブルは普段はあまり使わないかもしれないけど、パソコンが壊れたときにハードディスクを取り出して新しいパソコンで復旧やバックアップをしたいときなど、困った時に大変役に立ちます。

  1. (1)の方法でSSD換装後、旧HDDをUSB変換ケーブルでMacBookproに接続し【option】キーを押しながら電源を入れました
  2. ディスクユーティリティーでフォーマットします
  3. OSのインストールを選びます

上記の手順はだいたいどのサイトにもある方法だと思います

あれ?ネットワークにつながらない?

IMG_0466OSのインストールを選ぶと、『ネットワークを使用してインストールを行うのでWi-FiかEthernet接続をしてください』とエラーが出て進めません。

  1. 右上にあるWi-Fiのアンテナマークをクリックすると、自分の環境では他のパソコンでも使用しているWi-Fi環境が3つ出てきます。
  2. よく使うルーターを選んでパスワードを入れます。
  3. アンテナはつながりますが、『インターネット接続がありません』とエラーがでます

これはどのルーターを選んでも同じでその先に進めません。

色々ググって探してもこのあたりの説明は無くて、みんな簡単にWi-Fiがつながってインストールできる様な感じ・・・何でだろ(×_×)

原因が分からない

みんな簡単にできているはずなのに、全然進めないで不安いっぱいの2日間。

手を変え品を変えキーワードを変えてググりました。

  • MacBook SSD 換装 インストール ネット繋がらない
  • MacBookpro SSD 交換 クリーンインストール ネット 繋がらない
  • MacBook SSD交換 OS インストール 出来ない

いくつ試したのか、なんのキーワードを使ったのか覚えてないくらい試しました(´д`)

その結果、今までのサイトとは違う記述を見つけたんです。

@zonotrain29さんのiZonoより“かなり簡単。MacBook Pro Retina (Mid2012) のSSDを、自分で768GBにアップグレードしてみました”という記事に気になる記述をみつけました。

Command(⌘)とRを押しながら電源を入れ、リカバリーモードにすると、インターネットに接続するよう促されます。

私は最初「Apple Thunderbolt ギガビットEthernetアダプタ」を利用しようと思っていたのですが、この時点では何度やってもなぜか上手くいきません。

この記事ではMacBook Pro with Retina Display (Mid 2012)のSSDを換装するという内容なのですが、藁をもつかむ思いで検索していた僕のアンテナにはビビッときました(^-^)/

今までのサイトは前項にもあるように、接続したHDDから『optionキー』を押して起動しリカバリーする方法だったのですが、そこにあったのは『COMMAND+R』を押してリカバリー起動する方法でした。

何が違うのかは正直分からないのですが、この『COMMAND+R』で起動するとはじめにネットワークを聞かれるので、自分の環境のWi-Fiを選んでリカバリー画面が起動するので、そのままトップ画面より『OSをインストール』を選ぶとTIGERのインストールが始まりました。

あれ?

原因分かったかも?

SSDに換装後元のHDDをUSBで外付けとして起動するとき『optionキー』で起動するリカバリーでは、HDDのOSがアップデートされているためMavericksをクリーンインストールする様になるので、Wi-Fiを認識出来ない感じでした。しかし『COMMAND+R』でリカバリー起動をするとOSインストールにはMountain Lionが出てくるんです。元々このMacはOSがMountain Lionのシステムだったのに、Macを1年余り使ううちにMavericksへアップデートしていたためHDDから起動するとMavericksが先に出てきてしまう。元々Mavericksのシステムでは無いのでWi-Fiが認識しない?のでは無いかと………勝手な推測してみました。

なにわともあれ『COMMAND+R』でリカバリー起動すると、そのあたりがごにょごにょなって、無事Mountain Lionをインストール出来る訳です。←なんのこっちゃw

Mountain Lionをインストール後、初期設定をしてMavericksへアップデートが行われています。

最後にブートキャンプのインストールをします

Googleで検索するとインストール方法がたくさん出てきます

流れとしてはMacのApplicationフォルダー(Finder表示でコマンド+シフト+A)を表示して、その中のユーティリティフォルダー内にブートキャンプがいます

それを起動し、パーティーションを切ってファームウエアをUSBドライブなどに保存してWindowsのインストールを始めます。

このとき、だいたいどこにでも書いてあるようにUSBドライブにファームウエアをダウンロードしてからWindows7のDVDからインストールをしましたが、なぜか今回はWindowsインストール後、USBドライブを認識しなくってファームウエアのインストールが始まらないので、急遽もう一台のWindowsマシンで下記リンクより機種にあったファームウエアをダウンロードしてDVDに焼き、MacBookへ挿入すると無事インストールが始まりました。

ファームウエアインストール後はドライバー類が入っているのでWindowsも快適に問題なく使えます

後記

簡単な作業だと思っていたら足下をすくわれました(;´Д`)

OSがインストール出来れば、その先は問題なく進むと思います。

このあたりの内容が書かれているサイトが無かったので覚え書きしときます。

Mountain Lionがインストールされている2012年2月16日から発売のMacBookに当てはまると思います。

内蔵の記憶媒体がHDDである最終形のMacBookです。

同じ壁にぶつかった方に見つけてもらえれば幸いです。

 

次はDVDドライブをHDDに換装します 

Return Top