Koba Log

Read Article

枯れない桜

枯れない桜

そろそろ桜もおわりでしょうか

10年前、家庭画報にのっていたのを見て、母の日にプレゼントしたいなぁっと4月に電話したら。。。

僕『あの~、家庭画報見たんですけど桜ってまだありますか?』

おじさん『もう桜もおわりだよ~!もっと早く電話してこないと。。。』

僕『う~ん、母の日にあげたくて』

おじさん『じゃー、今ある桜で作るから種類は選べないよ~』 っと、作ってもらったのがこれ

t02200293_0600080011923112809

十年以上経つのにあの頃と変わらない桜。 少し色あせちゃったかな。

今年は、お店のフロントを桜で飾ろうと思っていたのですが、思いの外時間がなくてこの桜に代打でいてもらいました。

うろ覚えで、都下の桜園で作ってもらったと思っていたのですが、たまたまネットで探していたら【 リブフラワー】って言うんですって。 桜以外にも何でもできる予感ですね。 ペーパーウエイトなどではバラとかもありましたよ。 みなさん注文はお早めに

折角見つけたので抜粋

リブフラワーの 国陽工芸 は創業40年。日本で唯一生花の立体形状と自然の風合いを保ったまま透明樹脂に封入する技術を持っています。お花に着色などは一切せず、生花の自然の色、姿を残し特殊加工により一品づつ手作りで制作しています。日本の多くの博物館の展示標本を透明樹脂封入で数多く手掛けていることでもその技術は認められています。
ここでは、リブフラワーブランドで生花の樹脂封入された商品を展開いたします。
季節の花をもっともきれいな瞬間にアクリル樹脂の中に閉じ込めるため、封入された花のさまざまな表情をいろいろな角度から楽しめます。その美しさは条件にもよりますが10年ほどは変わりません。
世界にたったひとつの生花のオブジェは置いていただくだけで空間が華やぎます。
お誕生日や大切な方への感謝を込めた贈り物として最適な商品です。 国陽工芸さん

Return Top