Koba Log

Read Article

auのみなさんお待たせしました【iPhoneファン必見!】

auのみなさんお待たせしました【iPhoneファン必見!】

img_main

auのキャリアでiPhoneを使用している方に朗報です!

やっと、今回来ているiosのアップデートでVoLte(ボルテ)がきました。

ボ・ル・テ?

なんのこっちゃ?って方も多いかもしれません。

LTE網は高速なデータ転送が可能であるが、音声通話のための専用回線を想定していない。そこで、音声およびビデオ通信をLTEでデータ(パケット)として取り扱えるようにし、LTE網で音声通話およびビデオ通信を実現するための技術としてGSMAで標準化が進められている[1]。携帯電話上でのIP電話では遅延が発生しやすいが、VoLTEでは遅延を抑え、従来の第3世代移動通信システムを上回る通話品質を得られる

Wikipedia“VoLTE”より引用

実は未対応でした

そうなんです。ソフトバンクやドコモは、だいぶ前から電話しながらMailを打ったり、場所を調べる事が出来たのですが、auはこのアップデートまで電話中のデーター通信が出来ませんでした。

今回は、今更ながらではありますがiPhoneをアップデートして【設定】→【モバイルデーター通信】の一番上のところにある【4Gをオンにする】をタップし【音声通信およびデータ】を選択する事で、auのiPhoneが最強のiPhoneに返り咲きます(´▽`)≪カイシャクニハコジンサガアリマス

個人的にすべてのキャリア(docomo・au・SoftBank)のiPhoneを試した感想として、iPhoneの性能はさておき、電波の質や弱点(繋がりにくい所や繋がりにくい地域)を総合的に検証してauが一番繋がる携帯でした。

しかーし!! auはVOLTE対応ではないため、今までは電話中に調べ物をする場合はiPadを使用する事やパソコンを使用するといった場面も少なくありませんでした。Bluetoothのハンズフリーを耳に付けているのなら、電話しながら場所を調べたりしたいですよね。

そしてまだ・・・

対応機種が

iPhone 6 / iPhone 6 Plus

だけらしいです。

すごく幅の狭い告知と喜びですが、大きな前進です!

しつこいようだけどVoLte(ボルテ)って食べれるの?

ボルテは食べれません。

さて、気を取り直して、、、

電話をしながらインターネットを使う機会ってありませんか?

例えば・・・

勇介「今度横浜の○○って店にご飯行こうよ」

「おっ!いいねー、どこ集合?」

といった会話の中で、勇介がすかさずgooglemapで場所を調べ【共有】機能のリンクをコピーからラインやMailでそのアドレスをコピペ送信すると・・・

勇介「いま、集合場所と店の地図送ったから確認してみてー」

「おーすごい!○○ってここだったんだー。OKありがとう!遅れないようにいくね」

なんて会話も自然に行えます。

今までは電話を切ってから送っていた内容をリアルタイムで届ける事が出来ます。

また、電話中に他の友達にラインやMailで連絡し予定の確認をするなんて事も出来ますね。

でも、これらの事はdocomoやSoftBankではもともと出来たんですけどね(..;)

なにはともあれ

iPhone 6 / iPhone 6 Plusを使用している方はアップデートして設定をしてみてください

詳しい方法はこちら

au“VoLTE”特設ページはこちら

 

次回はここで触れたGoogleMapについての便利技をご紹介!

Return Top